不動産投資!みんなで大家さんを利用して収入を増やす

婦人

賃借人の立場になろう

つみ木とお金

中古ワンルームマンションを取り扱う不動産会社が多くなってきました。不動産投資に関する情報検索サイトも登場してきており、今やインターネットでも中古ワンルームマンションを簡単に探せるようになってきています。中古ワンルームマンションは手軽に始めることができる不動産投資として高い人気を誇っています。しかし、中古ワンルームマンションであればどれでもよいというわけではありません。不動産投資をする際には、どの物件を保有するかということが大きく影響してきます。不動産投資をするのならば駅近の物件に限る、という考えを持つ人も多いですが、必ずしも駅に近ければよいというわけではありません。なぜならば、駅に近い物件は人気が高く、価格も高いからです。価格が高ければ利回りが低くなってしまいます。空室リスクは小さくなるかもしれませんが、コストパフォーマンスが悪くなってしまいます。また、駅前は人の行き来が激しく、落ち着いた雰囲気はありません。そのため、入居希望者の中には駅に近すぎるのを避ける人もいます。駅近物件は事業用には最適ですが、住居用には必ずしも正解というわけではないのです。選ぶべき物件は駅から徒歩5分から7分です。これくらいの距離があると物件価格も落ち着いています。さらに、駅から家の間にスーパーやドラッグストアなどがあるようだと更に良いです。帰り道の途中に生活必需品を購入することができるお店があるという点は賃借人にとってかなりポジティブな要因になります。