医者

望みを叶えてくれます

女の人

方法やケアが進化した現代

体の付着物を取り除く手術というイメージのあるいぼ手術は、あらゆる治療方法が確立され現在では痛みも治療痕も残らない方法が浸透しています。まず治療前にする麻酔についてですが、専門機関で行う患部の診断結果によっては麻酔シールを使った方法を採用しています。この方法は注射器で麻酔を行わないため痛みもほとんどなく、痛みに弱いという方には粘着力の弱いタイプを使用する事もできます。受診する機関にもよりますが、シールタイプの麻酔を採用している機関は治療後のケアもシールタイプで行う事が多いので、受診機関の選択基準として留意しておきましょう。さらにシールタイプの施術ならばいぼの場合、通院回数や間隔もそれほど多くないので忙しい方にお勧めできる治療法でもあります。またシールタイプのケアにするメリットとして治療痕のかさぶたを簡単に保護できる点が挙げられ、腕や足等を保護しても日常生活に支障が生じません。さて具体的な治療方法については、現在一番メジャーと言われているのがいぼのレーザー治療法です。大きな特徴としていぼをレーザーでくり抜くようにした施術なので、患部に傷が残りにくい特徴があります。最近ではレーザー開発の技術も進み、いぼの状態に合わせて使用するレーザーやその出力を変えられるので、痛みを最小限に抑えられます。よって受診者の痛覚や体内環境によって施術ペースの変わる方法でもあり、短ければ3か月長くても半年近くなので体への負荷を考えた優しい方法でもあります。出血もないため術後のケアも順調にいく事が多く、シールタイプのケアと合わせれば自然で綺麗な肌に仕上げる事ができます。費用は初診で大体13000円前後に推移しており、2回目以降の受診は診察代のみのため費用の見積もりがしやすくなっています。そしてレーザー治療と人気を二分している方法が、安価な費用で受診できる液体窒素療法です。液体窒素療法は古くから浸透している方法なのでその信頼性も厚く、安全性も高いので多くの施術希望者がいます。行政でもこの方法は健康保険適用内に設定しているため一回の費用が2000円前後と安く、この事も合わせて厚い信頼関係を築いてきた施術方法です。治療の原理は専門家の技術で液体窒素による低温火傷を発生させる施術方法で、メスを一切使わないため直接的な恐怖心がない方法として有名です。また発生させる低温火傷も専門家による安全な方法で回数を分けて行うため、体への負担も掛からない点も人気の要因になっています。