液体窒素やレーザーで除去

医者

いぼの治療で主流なのは液体窒素による凍結療法や炭酸ガスレーザーによる治療です。凍結療法は保険診療ですが、近年人気なのは自由診療のレーザー治療のほうで、5,000円程度であればトータルの費用もさほど変わりません。

自分に自信を持つために

女性

見た目にも影響があるいぼですが効果が出る治療法でレーザー照射によるものがあります。効果が高い反面値段が高いという事と再発するリスクもあることを頭に入れたうえで、いぼの治療をしてくれるクリニックを選定する事が大事です。

CO2レーザーで簡単除去

カウンセリング

早めの施術で綺麗に治そう

ハッキリと目立つ大きないぼから小さな物まで、いぼのサイズも色々ありますが、美容整形クリニックのいぼ取り治療を受けることで、スッキリ取り除くことが可能です。基本的にサイズが小粒ならレーザーを使って簡単に取ることができ、大粒でも切除と縫合によって取り除いてくれます。大きさによって最適な治療方法が違いますので、どの施術が良いのか知りたい時は、実際にクリニックで診断してもらいましょう。概ね10?より小さいいぼならCO2レーザーを用いて除去できる場合が多く、早ければ数分ほどで施術は終わります。施術は患部の消毒から始まり、次に注射で局所麻酔を施しますが、先に麻酔クリームを塗布してくれるクリニックなら、注射針の痛みも殆ど感じません。さらに極細針なら一層痛みを抑えられますので、痛みが苦手な方は、治療先選びの豆知識として覚えておくと良いでしょう。麻酔後はCO2レーザーをいぼに照射して、レーザーの熱エネルギーで黒く盛り上がっている組織を壊していきます。レーザーの照射中は多少焦げた香りや、少量の煙が出る場合もありますので、基礎知識として予め知っておくと安心です。当然ながら施術中は麻酔効果が持続していますから、レーザー照射による痛みは感じないようになっています。一定量のいぼを熱破壊しましたら、焦げた部分を取り除き、再度レーザー照射で残っている部分を的確に除去して施術は終了です。基本的にCO2レーザーによる施術はこのような流れですが、美容整形クリニックによって内容は違うかもしれません。また、治療直後は元々あったいぼを取ったため、皮膚の一部はくぼんでいるものの、日を追うごとに下から皮膚がせり上がってくるのが一般的です。ただし大粒のいぼでは、わずかにくぼんだ状態で完治する場合もありますので、その点も基本知識として押さえておいてください。とりわけ背中や顔にできたいぼは日々の刺激で大きくなりますから、取り除くなら成長する前に治療を受けるのが肝心です。小粒なら施術後に肉が盛り上がることで、治療跡もほぼ分からなくなるため、早めの施術は綺麗な肌へ仕上げる大切な豆知識になっています。一方、洗顔はレーザー治療を受けた当日から可能な場合もありますが、患部は生傷状態になっておりますので、擦り洗いは避けるのが基本です。そのほか、治療跡は自然治癒で表面が平坦になるまでくぼんでいますから、くぼみにたまった洗顔フォームなどを洗い流すように、キチンとすすぐことも豆知識になります。

体にできるできもの対策

鏡を見る人

いぼ治療をする際にはその種類とそれに合った治療を行う必要がありますが、ウイルス性か否かというのは自己診断が難しいので必ず皮膚科に行きましょう。そして炭酸ガスバーナーなどを用いて治療し、人にウイルス性のいぼを移すことがないようにするべきです。

望みを叶えてくれます

女の人

綺麗になりたいけれど費用の問題や、体に傷を残したくないという方はいぼ治療を受診してみましょう。現在いぼ治療法として確立されている物には、体に傷を残さない方法や術後のケアが簡単な方法まであるので、忙しい人でも簡単に受診できます。